忘年会コースの人気料理を総まとめ!【2015年~2019年】

 

 
忘年会集客本番の季節になってきましたね!忘年会の宴会コースはどんな料理にするか、頭を悩ませている飲食店経営者は多いのではないでしょうか?私個人の話ですが、飲食店の広告に携わり6年、色々な忘年会の宴会コースがあったなと思います。
 
そこで今回は、過去5年(2015年~2019年)の忘年会の宴会コースをメイン料理の視点から総まとめしてみました!

目次

1. 忘年会人気宴会コースとは? 過去5年(2015年~2019年)を総まとめ!
1-1. 2015年「かに・ふぐ・牡蠣」
1-2. 2016年「豚しゃぶ」
1-3. 2017年「チーズタッカルビ」
1-4. 2018年「牛タンしゃぶしゃぶ」
1-5. 2019年「和牛・熟成肉・うに」
2. 2020年 忘年会大予想!
2-1. 2020年 忘年会集客の為に飲食店ができること
2-2.  2020年 忘年会宴会コースで人気になるのは?
3. 終わりに

1. 忘年会人気宴会コースとは?過去5年間を総まとめ

忘年会の宴会コースは「外せない定番料理(枝豆・フライドポテト…等)+メイン料理(鍋・ステーキ…等)」で構成させている飲食店が多いかと思います。特に「メイン料理」はお店の選んでもらうポイントになる為、他のお店とは違う魅力を作る必要があります。毎年の流行りに合わせて作るのも、選んでもらえるきっかけになると思います。それでは過去5年間(2015年~2019年)、忘年会の宴会コースでメインにされたのはどんな料理なのでしょうか?

1-1. 2015年「かに・ふぐ・牡蠣」

2015年は海鮮居酒屋が人気を博した年でした。その火付け役だと考えられるのは「磯丸水産」。生簀や水槽、自分で焼いて食べる浜焼きは幅広い層に好まれました。その為、忘年会の宴会コースは「かにしゃぶ」・「てっちり」・「あんこう鍋」など海鮮をメイン料理にしている飲食店が多く見受けられました。
 
また2015年といえば「牡蠣小屋」。いたる所にオープンされていましたね。その為、豪華海鮮とよばれる「かに・ふぐ」の次に「牡蠣」もメイン料理にされることが多かったようです。
 

↑海鮮居酒屋の火付け役! 磯丸水産 「蟹味噌甲羅焼」
引用:「磯丸水産HP」

1-2. 2016年「豚しゃぶ」

忘年会で人気なコースである「しゃぶしゃぶ」。2016年は特に「豚しゃぶ」が流行し、メイン料理として登場されることは多かったようです。例えば「イベリコ豚のしゃぶしゃぶ」・「黒豚しゃぶしゃぶ」など、豚肉のランクを上げてメイン料理にする飲食店が多く見受けられました。
 

↑豚しゃぶと言えば! おかか 「名物 出汁しゃぶ 鹿児島県産黒豚使用」
引用:「おかかHP」

1-3. 2017年「チーズタッカルビ」

新大久保で女子高生達に流行っていた「チーズタッカルビ」。世代を超え流行し、その年の「食のトレンド大賞」にもなりました。またその熱は2017年の忘年会でも続きました。普段チーズダッカルビを扱わない飲食店でも、忘年会の宴会コースのメイン料理として取り扱うことが多かったようです。
 

↑ブームのきっかけ! 市場タッカルビ 「チーズタッカルビ」
引用:「市場タッカルビHP」

1-4. 2018年「牛タンしゃぶしゃぶ」

2016年が豚肉・2017年が鶏肉ときたら、2018年は牛肉の人気が戻ってきました。そのなかでも「牛タンしゃぶしゃぶ」はヘルシー&SNS映えで特に人気があり、忘年会の宴会コースのメイン料理によく登場されていました。
 

↑コスパ抜群! 和民 牛タンしゃぶしゃぶ鍋付「満腹コース」
引用:「和民HP」

1-5. 2019年「和牛・熟成肉・うに」

牛の人気は2019年も続き、その中でも「和牛/黒毛和牛」「熟成肉」などのキーワードがポイントとなりました。また上質なお肉を「赤身」で食べる風潮も流行り、専門店も多く見受けられました。その為、2019年の忘年会の宴会コースとしても、「黒毛和牛すき焼き」・「和牛肉鍋」・「黒毛和牛食べ放題」などメイン料理にされている飲食店が多かったようです。
 

↑黒毛和牛食べ放題焼肉店 肉屋の台所「スタンダードコース」
引用:「肉屋の台所HP」

2. 2020年 忘年会大予想!

まだまだ終息しないコロナウイルスですが、日本フードデリバリー株式会社の「ウィズコロナ時代における忘年会への意識調査」によると、忘年会の開催場所に対しての回答は「飲食店」が44.8%でした。また忘年会で重視するポイントに対しての回答は、75.7%の人が「感染防止対策を行っている」を選択、次に「料理やドリンクの味」(50.1%)を選択していることがわかりました。つまり、感染防止対策と料理がしっかり整っていれば、飲食店での忘年会集客は十分見込めると考えられます。
出典:「【リリース】2020年、ウィズコロナ時代における忘年会への意識調査 望まれていることは万全な感染症対策」

2-1. 2020年 忘年会集客の為に飲食店ができること

飲食店が忘年会集客の為に押さえておくポイントをまとめました。是非参考にしてみて下さい!
【押さえるポイント】
・感染防止対策…3密の回避、こまめな換気、取り分け用の箸の提供など
・4~5名でも利用しやすいコースの準備(団体宴会は少ないと予測)
・コース2時間制(滞在時間を気にする方が増えると予測)
・予算2,000円~3,000円

2-2. 2020年 忘年会宴会コースで人気になるのは?

2020年の忘年会の宴会コースは何をメイン料理にするのはいいのでしょうか?今年に入って人気・勢いがある飲食店は「1人焼肉専門店」・「寿司居酒屋」などです。新型コロナウイルスの影響もあり、酒<食事をメインで楽しめるような業態やメニューに変更している飲食店が多く見受けられます。
 
またぐるなびリサーチ部より下記のような調べも発表されています。
”下半期に食べたいメニューは「焼肉」「寿司」が上位にランクイン”
引用:「【ぐるなびリサーチ部】2020年上半期よく食べたメニュー&下半期食べたいメニュー ランキング発表!」
 
これらのことより、今年の忘年会の宴会コースは食事メインで楽しめる「焼肉」・「寿司」がポイントになるかもしれません。
 

↑大衆寿司居酒屋の代表 鮨・酒・肴 杉玉
引用:「杉玉HP」

3. 終わりに

1年の締めくくりに行う忘年会。どんな形であれ開催されてほしい文化だと思います。過去5年間を遡りましたが、今年は、ソーシャルディスタンスやアルコール消毒などの感染対策をしつつ、流行や状況に合わせて工夫することが、忘年会の集客を成功させるカギになります!
 
【関連記事】
“わかりやすい”販促といえば!?忘年会シーズンへ向けたチラシの有効活用

忘年会に店の売上を確保する方法【2020年版】